違和感のない懐かしさ

先週、約10年ぶりにソフトボールをした。小
学校から高校まで野球中心の生活を送ってい
たが、それから久しく野球から遠ざかって
た。
10年間生活の中心だったことから、10
年間離れてみて久しぶりにやってみると、

かしさと違和感のなさが同居した不思議な

覚になった。感想を一言にすると「楽しかっ
た」に尽きる。

10年前とくらべて、視力が極端に落ちたの
で、ボールがみえるか不安だったけど、問題
なくみえた。特に打つほうはよくボ
ールがみ
えた。しっかり芯をつかんだ打球
を打て、ス
トライクゾーンの見極めもできた
。そもそも、
10年前にどのようにボー
ルがみえていたのか
も忘れてしまったのだ
けど、打席からの景色
とボールの軌道のみ
えかたはあまり変わらな
かったように思う。なぜかはわからないが、
打ち方が変わっていた。

しかし守備は散々だった。まさかの内野を守
ったら、投げるとボ
ールがすっぽ抜けてしま
い、暴投の連発だ
った。あまりにひどいので、
「打球が飛
んでくるな!」と心の中で叫んで
いた。おもしろいことに、そういう弱気な選
手の所によく打球は飛んできた。あまりにひ
どいプレーを連発すると、逆に肩の力が抜け
て、後半はしっかりと守れた。(これ以上ヘ
マはできないという危機感と端に疲れて力が
抜けただけかもしれない)

久しぶりのソフトボールは本当に楽しかっ
た。
試合の翌日は筋肉痛で肩が上がらなか
った
けど。

久しぶりのソフトボール

明日、約10年ぶりぐらいにソフトボールをす
ることになった。

連日、大谷選手のニュースを見ていたら野球
をしたくなったのでナイスタイミング。

久しぶりにグローブとバットに触れたら、懐
かしかった。

イボスパイクを持ってなかったので新しく買
いに行った。

ちゃんとプレーできるのかが心配なのだけど
も、一番心配なのは10年前から極端に視力が
落ちていること。

体の状態は今のがいいのではと思うけど、こ
の視力で打席にたったらどう見えるのかが、
未知の世界。

静止視力が落ちると動体視力がどう変わるの
かを体感してみようと思う。

けっこうガチな戦いらしく、ピッチャーの球
が速いらしいので、目慣らしにバッティング
センターに行ったのだけども、まあ打てな
い、当たらない。

楽しみやけども大丈夫なのだろうか。

最近のスポーツニュース

ここ最近のスポーツニュースがすごい。

まず、なんといっても大谷選手。

打って、3試合連続ホームラン。

投げて、2勝。

凄すぎる。

想像と漫画の世界を超えすぎて怖くなる。

この先どうなるんだろう。

次はサッカー日本代表。

ワールドカップ2ヶ月前での監督交代。

まさかのビックリ。

吉とでるか凶とでるか、全ては結果次第。

そしてプロ野球は、巨人とソフトバンクは厳
しい戦いになりそう。

どこが優勝するんだろう。

個人的には、菊池雄星選手がキャリアハイの
成績を残すのではないかと、応援している。

最後に、明日皐月賞に出走するキタノコマン
ドールがどうなるのかが楽しみ。

逆風が吹いても、ビートたけしさんの強運と
騎乗のデムーロが何かやらかすのではないか
と思ってしまう。

一泡吹かすのは皐月ではなくダービーだった
りして。

さてどうなるか。

4月から

4月から特別支援学校で教員をさせて頂くこ
とになりました。

私自身小さい頃、物忘れが多く、落ち着きが
なくじっとして
いられなくて、(6〜10歳頃)
情緒が不安定
で突発的にキレることが多い子
供でした。(
8〜10歳頃)

大人になってからも、思考や行動がズレてい
ることが多く、(このブログを読めばわかる
と思います)孤独感を抱いてきました。

だから、何らかの点で少数派に属する子供と
近い距離に身をおける環境に携わりたいと思
いました。

右も左もわからない、全くの0からのスター
ですが、精進して参りますので、よろしく
お願い致します。