恐怖心

よく、「なんで登山をするんですか?」と聞
れるのだが、正直今だに本質的な答えがわ
からない。「エベレストに憧れた」から始ま
り、様々な理由が重なって登りに行くように
なったのだが、突き詰めていくと本質が何な
のかわからない。だから、本質を突き詰める
のはやめた。どうなるか全くわからない中、
目の前のことだけに無我夢中になり、少しず
つ進んでいたら、気がついたら
いつのまにか
来週デナリに登りにいくことに
なっていた。

デナリを登りに行くことに対して、「全く怖
くな
い」と言えば嘘になる。憧れの山に登れ
ると
いう「ワクワク感」がある反面、デナリ
「伝統の重さ」や、どうなるかわからない
「天候不順」などのプレッシャーが重くのし
かかる。プレッシャーのことをいくら考えて
も状況は変わらないので、意識しないでいる
が、ふとした瞬間に「ゾッ」と「恐怖心」を
感じ
ることがある。この「恐怖心」を味わい
たい
が為に登山をしているというのもある
が、
怖いものは怖い。

しかし、どうなるかわからない怖さに踏み込
んでこそ、初めて見える景色がある。その一
歩踏み込んだ場所にどんな「驚き」が待って
いるのか、その景色を見て自分がどう変わっ
ていくのか、という好奇心が湧く。その面白
さを知ってからは、「
結果」(頂上)に対す
る想いは変
わらないものの、それ以上に「過
程」から得られ
るものがもの凄く大きいこと
に気づいた。ギリギリまで追い詰められない
と得れないものがあり、そこに飛躍がある。

「頂上」に徹底的にこだわるなら、ヘリコプ
ターを使うことも可能であるのに、なぜ自分
の足
を使って登りにいくのかと考えた場合。
「頂上」にたどり着くまでに、
どのような過
程を経ることで自分が「納得」し「やりが
い」を感じるのかが重要であると言える。そ
こには「恐怖心」が人間の「美意識」を生ん
でいるのではないだろうか。「美意識」が生
むドラマに魅了されるがゆえに、それを求め
たくなる。「恐怖心」があるところに「心の
豊かさ」も共存し
ているのかもしれない。

どうなるかわからないことに一歩踏み込ん
で、過程にワクワクしながら
、結果に報われ
なくても「継続」でき「納得」できることを
みつけ
られたら、人生はより豊かになってい
くよう
な気がする。

かけ算

アイドル × ヘビメタ ×  海外 → 快進撃

レディー・ガガと共演するまで
突き抜けてほしい

noma

先日、「ノーマ、世界を変える料理」を観に
行ってきた。

特別に料理愛好家でもない庶民の僕からみ
て、ほーーーーーーど遠ーーーーーい世界の
話なのだが、競争が熾烈な料理の世界で、世
界一に4回輝いたその物語と秘密に興味が湧
き、観に行った。

まず、「映画の要点」

①北欧デンマークには伝統料理の文化が乏し
かったが、北欧の食材を生かした料理をコン
セプトにレストランを創った。(これが今ま
でにない常識破りなため、「世界を変える」
と言われる所以)

②シェフのレネ・レゼピは料理評論家に「
料理界のモーツアルト」と言われるほどの
「独創性」の才能がある。

③世界一になった後に、周囲からの様々な雑
音や食中毒事件などがあり苦境にたたされる
が、原点に立ち返ることで逆境をはねのけ世
界一に返り咲く。

「映画の感想」
才能と運で世界一になれた(成功した)とし
ても、それを継続するには「原点」に立ち返
って自分らしさを忘れないことが大切である
こと。

この映画を観ていたら、千利休の「稽古とは
一より習い十を知り十よりかへるもとのその
一」という言葉を思い出した。

あと恐らく、実際は映画に出てきた苦しい場
面の1億倍以上の苦境があったのではないか
と思うので、それを乗り越える「忍耐力」が
ないと継続はできない。その「忍耐力」を生
むのは「覚悟」と「家族」(家や仕事場の)
なのではないかと思う。(この映画を観て)

いやーーーーーーー
一度レネさんの料理を食べてみたい。(笑)

最後に全然話が変わるが、(笑)家の近くに
いきつけの中華料理屋がある。外見も店内も
めちゃ古く、お世辞にも綺麗とはいえない
が、清潔感がある。それは、中華のお母さん
が「一生懸命」毎日掃除をしているからだろ
う。とにかくこの中華のお母さんは、全ての
サービスが「一生懸命」。お店に行くと元気
がでるのでまた行きたくなる。(味ももちろ
ん抜群に美味しい! by 中華のお父さん)

たまに、「レバニラ定食」を頼んだのに「
酢豚定食」を持ってくる時があるが、(し
かも、レバニラ定食を猛烈に食べたい時に
限って、、!!)それもそれで美味しい。
(笑)

 

 

マイノリティ

「日本人が本場のレゲエの世界で
生き残る事が
どれだけ大変か知ってんのか?」

レゲエでアジア人初の世界一になった
先駆者の重みのある言葉

多様性

国籍も価値観も多様な人たちと一緒に山を
ると、チームが「ジグゾーパズル」みたいで

面白い。「英語が上手に話せないけど人一倍
気配りをする人」、
「わがままだけど困って
る人への面倒見がいい人」、「おっちょこち
ょいだけどユ
ーモアに長けていてチームを和
ませる人」
、「高山病ですぐにリタイアした
のに、帰国
後にみなの写真や動画をまとめて
くれる人」。色んな
長所と短所を持つ人がい
て、その「デコボ
コ」がうまい具合に重なっ
てチームとして機能した。

サッカーや野球のような組織で戦うスポー
も選手が多様であればあるほど強い。例

ば、サッカーチームのバルセロナも様々な国
籍や特徴を持
つ選手が集まるから強い。そし
て、「全てが完璧な選手などいない」。メッ
シでも高い打点が必要なヘディン
グは強くな
い。バルセロナでも選手一人一人の特
徴(性
格や能力)は「デコボコ」であり、それを上
手く組み合
わせて機能させるのが監督(リー
ダー)の仕事。

どの分野の世界でも多様であればあるほど発
展していくと思う。しかし、発展に至るまで
が茨の道。野球で世界最高峰のメジャーリー
グがここまで発展したのも、人種や国籍に関
係なく多様な選手が集まるから。人種差別が
まだ根強く、白人しか出場していなかった時
代に「黒人初のメジャーリーガー」の道を切
り開いた「ジャッキー・ロビンソン」の功績
は偉大だ。自伝映画を拝見した限り、先駆者
として様々な困難があったが、彼が道を切り
開いたことで今のメジャーリーグの発展があ
るのではないだろうか。

新たな風を吹かせる先駆者というのは非常に
大きな苦難が待ち構えている
。多様であると
いうことは「価値観と意見」が「ぶつかり合
う」ということだから。既存の価値観が出来
上がっている「村社会」に新たな価値観が入
るのは容易ではない。しかし、「意見がぶつ
かり合う」というのは大事なこと。この時
に、相手の意見に「賛成」か「否定」の二者
択一にするのではなく、「共感はしないけど
理解はする」という選択肢もあれば、より両
者の思考は深まるのではないだろうか。すな
わち、もっと「寛容」になれれば思考も柔ら
かくなるのかもしれない。

倫理に反しない限り、相手にも自分にも「寛
容」になれれば
いいと思う。相手の欠点を受
け入れる代わりに自分の欠点もさらけ出せば
いい。「全てが完璧な人などいない」。

 

ウメハラの奇跡

ストツー世界大会
梅原さん(日本代表) vs  ジャスティン(米代表)
ケン          チュンリー

世界一のプロ・ゲーマーによる
奇跡的な大逆転
凄い

レスターの奇跡

サッカープレミアリーグ(イングランド)で
岡崎慎司選手が所属するレスターが優勝し
た。

ど素人の僕でもはっきり言わせてもらうが、
この優勝は、「奇跡!!!!!」

プレミアリーグは世界最高峰のリーグの一つ
で、リーグ全体の選手層の厚は世界一と呼ば
れている。

「マンチェスターユナイテッド」
「アーセナル」
「チェルシー」
「マンチェスターシティー」
「リバプール」
これらのチーム名はサッカーがわからない人
でもチラッとTVとかで聞いたことがあるの
では?

このプレミアリーグの中の「神の領域」とも
いえるのが、上記5つのチームのいわゆる
「ビック5」。

過去20年間で優勝したのは、このビック5
(リバプール以外の)のチームだけ。2〜3
位も36/40がビック5。

そのプレミアリーグの常識をぶっ飛ばしたの
が一昨年に2部リーグから昇格したばかりの
レスター。

プレミアに昇格して、昨年なんとか残留でき
たチームが、まさかビック5を差し置いて優
勝するとは誰が予想できるだろうか?(笑)

この奇跡を「他の出来事」で例えるなら

「野球」
・横浜がア・リーグ東地区を優勝

「遊戯王」
・1ターン目にエクゾディアが5体揃う

「98年のJPOP」
・SHAZNAがオリコン年間アルバム第1位

「幕末」
・以蔵が薩長同盟を結ぶ

「ノイマン」
・自宅の食器の位置を覚える

「クローズ」
・三上兄弟が鈴蘭のてっぺんをとる

「花より男子」
・和也君がつくしと結婚

「馬」
・ピンクカメオがディープインパクトに勝つ

ぐらいの奇跡!!

その奇跡のチームに日本人がいるのがまた奇
跡!

岡崎選手は、本田、香川、長友の陰に隠れて
地味な印象があるが、プレミアリーグ優勝と
いうのは、日本人サッカー史の記録に残る快
挙!

岡崎選手には18年W杯でも日本代表の奇跡を
創ってほしい。

ブザービーター

極限に負けに追い込まれてからの
大逆転シュート

マイケル・ジョーダンは
「ゾーン」に入る天才
凄い