ゾーン

よく、トップアスリートが「ここぞ」という
大舞台で力を発揮
した時に、「打つ時にボー
ルが止まって見え
た」とか「周りがスローモ
ーションに見え
た」という言葉を口にするの
を耳にしたことはないだろう
か。この「覚
醒」とも言える超集中時に最大限の能力を発
揮して
いる状態を「ゾーン」と呼ぶ。

「ゾーン」へ入るまでには、医学博士の石川
善樹先生
によると、「3つのステップ」があ
るとい
う。①「極度のストレスを感じる」、
②「一
気にリラックスする」、③「やるべき
行為に集中する」。「火事場の馬鹿力」とい
う言葉があるように、人間は恐怖を感じるぐ
らいのストレスがある時に能力を発揮しやす
くなる。さらに「開き直る」ぐらいにリラッ
クスして、やるべきことだけに集中すると
「ゾーン」に入りやすくなるのだ。

学生時代(高校生まで)、勉強が苦手な私は
試験
期間になるといつも憂鬱になり、なかな
かテスト勉
強が捗らないまま気がつけば翌日
が試験日と
なって、「尻に火がつき」一夜漬
けし、なんと
赤点を間逃れるということの
繰り返しだっ
た。(決して真似しないように)
試験終了後にいつも
、「1ヶ月前から一夜漬
けしている時のような集中力で勉強できたら
1
00点とれるのでは?」と思うのだが、毎回
試験前日でないと集中して勉強ができない学
生だ
った。今思えば、これは勉強しなければ
赤点をとってしまう「極度のストレスによる
集中力」だったのではないだろうか。(そこ
まで追い込まれないと勉強ができない情けな
い話だが)

また、久しく会ってない友人と食事をする時
は、待ち合わせ前から変な緊張感があり、初
めはお互い、しどろもどろで会話が弾まない
のに、30分も経てば昔話で盛り上がり、会話
が弾むのは、緊張から
「一気にリラックス」
状態になったからだろう。(ストレスの種類
が違うが、緊張からの解放という意味では本
質は近いのではないかと考える)

人生の「ここぞ」という場面(進学・就職・
昇進試験、仕事でのプレゼン、選手の価値が
問われる試合など)というのは、非常に大き
なプレッシャーがかかっている場合がほとん
どだと
思うので、「リラックスしようと」変
に心がけるよりも「
極限のストレス」を受け
入れて、
本番直前に「どうにでもなれ」と
「開き直る」ぐらいが
最高の集中力が発揮で
きるのかもしれない。(さらに、目標と自分
のレベルが合致し、
やるべきことだけに集中
でき
た時に)

棋士の羽生さんも、「どういう状態で一番良
いパフォーマンスができるかと言うと、やは
りリラックスして落ち着いて楽しんでいる状
況であり、二番目はプレッシャーがかかって
いる状態」「しかし、毎回リラックスしてや
れるかというのは難しいと思います」「私自
身も一番集中して
いる時はいつだと訊かれた
ら、やはり公式戦
で待ったができず、時間が
切迫して来てプレ
ッシャーがかかる時点が一
番集中できます
し、一番たくさんのことを読
むことができま
す」(著書、「闘う頭脳」よ
り)と、述べて
いる。

「言うは易し行うは難し」なので、意識的に
「ゾーン」状態になるというのは
簡単ではな
いかもしれないが、「ゾーンの3ステップ」
を頭にいれ、普段から自分の癖を把握し、自
分なりの方法論を見つけるだけでも結果が変
わってくるかもしれない。私は今度のデナリ
が絶好のチャンスなので「ゾーン」に近づけ
るか実験してみようと思う。

 

(参考文献)

ゾーン(究極の集中状態)に入るための3つ
のステップ。「ストレス」「リラックス」
「集中」(前編),industry co creationI
http://industry-co-creation.net/2016/03/17/icc-connection-2016-session3-part1/,(参照 2016-4-30)

羽生善治(2016),「闘う頭脳」,文春文庫,
P79〜81

吉田松蔭

幕末(約160年前)の長州藩(山口県)に
「松下村塾」という私塾があった。

その塾からは明治維新の時に坂本龍馬と共に
大活躍した「高杉晋作」や初代総理大臣の
「伊藤博文」など、明治維新の原動力となり
その後の日本を創ってきた人物が多く輩出さ
れた。

「松下村塾」の特徴
①希望する者は身分関係なく入塾できる
(当時は身分制度に厳しかったのに)

②議論中心の講義
(議論が中心だが、本も多く読ませた)

③長所を伸ばす方針
(短所と長所は表裏一体であり、短所を消す
と長所も消えることがあるので、各人の良い
ところを見抜き長所だけを伸ばした)

この塾の特徴は、現在日本で騒がれている教
育現場の問題点(親の所得格差、詰め込み教
育、均質教育)を網羅しているのでは?

160年前にして最先端を走っていた?

この松下村塾を創った人が「吉田松陰」

そして、「吉田松陰」は尋常じゃなくクレイ
ジーーーーーーーーだった!(笑)

「吉田松陰」伝説
①友達と東北旅行するために死刑覚悟で脱藩
(出発許可が出発日までに間に合わないので
脱藩したらしい)友人と旅行>死刑?(笑)

②黒船に乗り込み密航しようとする。
(鎖国していた当時において、外国船が来る
だけでも大騒ぎなのに、アメリカに留学でき
るチャンスと捉え、それに乗り込もうとす
る。)即ペリーに追い返されたが、、(笑)

③井伊直弼の独断政治に怒りを覚え、長州藩
に暗殺計画を訴える。
(その結果、牢獄にいれられる)

④あまりに行動が過激すぎるので弟子たちが
心配すると、それに激怒して弟子と絶交する。
(最終的に前科5犯、、、)

⑤幕府の役人に聞かれてもないのに、老中暗
殺計画を話す。
(その結果、当然死刑にされる。。。。)

この人、とんでもなくぶっ飛んでいる。(笑)

でもこのクレイジーな行動も、全ては「日本
のため」を思ってのこと。

きっと、日本のことを考えすぎて、身近な人
たちへの「おもてなし」を少し忘れた人だっ
たのだろう。(苦笑)

しかし、この吉田松陰の多くの弟子がその後
の日本に多大な影響を与えてきたことで、今
もなお名が響き渡っているのである。

こんなクレイジーな人に「やりたいことはや
れ!」と言われたらそりゃ説得力ある。

1億人に1人ぐらいはこういう突き抜けたク
レイジーな人がいたほうがいいいのかもしれ
ない。(犯罪や死刑に繋がるような行動は決
してしてはいけないが)

おもてなし

日本の良さを世界に発信する一つに「おもて
なし」という言葉が最近よく使われるように
なった。「おもてなし」を強調しすぎると逆
に違和感を感じるという意見もあるが、さ
げない「目配り」、「心配り」等を含めて
「おもてなし」と考えるとしっくりくる。

実際に海外に出てみると本当に日本のサービ
ス力の高さに感心する。こんなサービス力が
高く居心地のいい国はなかなかない。そのよ
うな日本に生まれ、体育会の部活動やサ
ービ
業の仕事を経験してきたこともあってか、
私にも自然と「おもてなし」の
力が身につい
たのではないかと思っている。(不器用な

で見た目は綺麗ではなく、完璧ではないが最
低限には)

アコンカグアに登ったときは毎日、外国人の
仲間たちと寝食を共にした。実はこのときに
大活躍したのが「おもてなし」だった。アル
ゼンチンは世界5位
のワイン大国で、アコン
カグアのあるメンド
ーサ州はワインの主要生
産地。
ベースキャンプには大量のメンドーサ
ワイン
が送り込まれた。ベースキャンプの夜
食は毎日、皆でワインを嗜みながら楽し
む。
(私は、頑として下山するまで飲まなか
った

このとき、いつも自然と皆のワインを注いで
いたら、皆がとても喜んでくれた。
私は英語
があまり上手く喋れない
ので、「言葉」での
コミュニケーションはなかなか
上手くいかな
いのだが、「おもてなし」によってコ
ミュニ
ケーションが生まれ、仲間たちとの距離を縮
めることができ、次第に信頼関係を築くこと
ができたのである

ガイドや仲間と一緒に登るにあたっては、彼
らと上手くコミュニケーショ
ンをとり、信頼
関係を築くことが大切だ
。私のような英語が
上手く
喋れないような人間は「気配り」で勝
負し
ていかなければ、信頼関係を築けない。
どんな性格や価値観なのか全くわからない仲
間たちの雰囲気を肌で感じ、登る順番、道具
の管理
、食事の際の準備、寝る場所、写真撮
影など、チームがより機能するように、常に
周りの仲間の気持ちを考えて振る舞った。振
り返るとその
振る舞いこそが「おもてなし」
だったのではないのかと思う。(これは計算
してやっていた訳ではなく、振り返ってみて
気づいたことであるのだが)

「おもてなし」の本質は「一期一会」だとよ
く言われるが
、(今という時に巡り合った、
出会い
の尊さや縁を大切にしてコミュニケー
ション
をとること)アコンカグアに登った時
にその
意味が少し解ったような気がする。そ
してこれを期に、より日本文化の奥深さを学
んでいき、実践していけたらと思う。

緊張と緩和

松本人志さんいわく
「笑」は緊張と緩和から生まれるらしい

「高級車」のカーナビが目的地を「間違える」
(緊張)     →     (緩和)
なるほどー

第74期名人戦

将棋の名人戦が始まった。

羽生名人に佐藤天彦八段が挑む名人戦は
先に4勝した方が勝ちの7番勝負で行われる。

絶対王者 VS 今一番勢いがある若手。

この戦いは世代交代をかけた大一番。

将棋界では羽生さんが七冠王になってから約
20年間以上、羽生世代が七大タイトルを独占
してきた。
http://matome.naver.jp/odai/2139584133508584001?&page=1

名人戦に限ってはこの20年間で名人になっ
たのは羽生さん、森内さん、佐藤康光さん、
丸山さんの4人だけ。
4人とも同学年の羽生世代。
20年間、同学年の人達が名人位を確保する
というのは正直異常だと思う。(汗)

そのような状況で現れたのが佐藤天彦さん。
ここ3年間破竹の勢いで勝ち上がり、
今最も勢いのある若手棋士。
しかも僕と同学年!いや凄い!

20代が名人戦に登場するのは16年ぶり。

同学年の人が羽生さんと名人戦で戦うという
のは凄く刺激になるし、応援している。

しかし、、佐藤さんも応援しているが羽生さ
んの熱狂的なファンなのでどちらが勝っても
嬉しい。。。

うーん、51対49で羽生さんを少し応援。
羽生さんだけは特別、、、
本当にどちらが勝っても嬉しい。

佐藤さんが勝つ流れになるなら、逆転勝ちす
る流れのようなー、2勝3敗になったら面白
い?

もうすでに一番勝負が終わり。
羽生さんが先勝した。
しかも、佐藤さんが一番得意とする戦法を
初っ端はじき返すという。。
相手の得意戦法にあえて飛びこむのが
羽生さんの強さの秘訣、、、
しかもそれで勝つ、、、

絶対王者羽生さんを倒せるか、新世代の雄
佐藤さん。世代交代を掛けた大きな戦い。

さてどうなるか。

倫理観

小学校低学年の時に友達をいじめてしまい、
朝から放課後までクラス全員の前で席を立た
され先生に怒られたことがある。
学校が終わ
ってからも、
家で親から正座させられ、怒ら
れた。この時の経験
は私の倫理形成において
とても大きなことだ
った。友達を「傷つけた
痛み」、先生や両
親、クラスの友人を「裏切
ったこと」、クラ
ス全員の前で怒られた「恥
ずかしさ」。この
時感じた「羞恥心」は今で
も忘れらない。倫
理観に背くと恥をかくとい
うことを痛感し
た。

倫理観というのは人間が社会で共同生活をし
て生きていくために必要なもの。もし倫理観
がなく、皆が欲望だけに従って生きていくよ
うでは、社会
が成り立たなくなる。倫理観は
様々な歴史を経て今日の形となった。価値観
は多様であってよいが、倫理観は一元的であ
るべきだと思う。

全てが完璧な人間などいない。誰でも失敗す
る時もある。その失敗から学び成長してい
く。そのための大きな学びの場として学校が
あるの
ではないだろうか。私の場合は小学生
の時に皆の前で怒
られて恥をかいたことで、
その後の人生にお
いて、倫理観に背を向けて
しまいたいような気持ちが湧いたときでも、
その欲望にブレーキを
かけられるようになっ
た。もうあの時の「心の痛
みや、恥ずかし
さ」を味わいたくない。

人が倫理の背くような失敗をした時に、「ダ
メなものはダ
メ」と叱れる人がいる環境が大
切。そして、その失敗によってその人を見捨
てるのではなく、
「これからどうしていく
か」とその
後の行動を見守ることも大切なの
ではないだろ
うか。例えば、「嘘をついた
人」だから、今
後もずっと嘘をつく人だと決
め込むのではなく、「叱るときは叱り」「見
守る時は見守る」ということが大切だと思
う。確かに、犯罪
者の再犯率は統計的にみて
低くはないが、その人を「犯罪者」という色
眼鏡で見続けるのではなく、
どうやったら再
び罪を犯さずにいられるかという思考に
なる
べきではないだろうか。

大人になって「世の中の倫理観」に背くよう
な失敗をすると、それが弱みとなり社会生活
に影響を及ぼすこともある。だからこそ、そ
の前に学生時代に失敗しておく経験が必要な
のだと思う。そしてそのときに叱り、見守る
ために人間の教師がいるのではないだろう
か。
国語、数学、英語など知識だけを習得
するだけなら、コンピューターに任せたほう
いい時代になっているかもしれない。しか
し、倫理
観の関わる教育だけは、心をもった
人間にしかできないのではないだろうか