100か0

来週から昨年に引き続き、羽生さんにとって
大勝負となる第31期竜王戦が始まる。

昨年は、永世七冠をかけた戦いだったが、今
年は勝てばタイトル獲得数通算100期となり、
もし敗れれば、28年ぶりのタイトル無冠とな
る、1000」をかけた戦いである。

この大勝負前の、「見ている人に「深い」と
感じてもらえるような将棋を指したいです。」
(讀賣新聞「竜王戦七番勝負」2018105
日付朝,12(特))という抱負に、見えない
深さを感じた。

平成最後の大勝負がどのような戦いになるの
か楽しみだが、緊張の日々が始まる。