何を学ぶかを考える

「0才から100才まで学び続けなくてはなら
ない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための
教科書」を読んだ。