おもてなし

日本の良さを世界に発信する一つに「おもて
なし」という言葉が最近よく使われるように
なった。「おもてなし」を強調しすぎると逆
に違和感を感じるという意見もあるが、さ
げない「目配り」、「心配り」等を含めて
「おもてなし」と考えるとしっくりくる。

実際に海外に出てみると本当に日本のサービ
ス力の高さに感心する。こんなサービス力が
高く居心地のいい国はなかなかない。そのよ
うな日本に生まれ、体育会の部活動やサ
ービ
業の仕事を経験してきたこともあってか、
私にも自然と「おもてなし」の
力が身につい
たのではないかと思っている。(不器用な

で見た目は綺麗ではなく、完璧ではないが最
低限には)

アコンカグアに登ったときは毎日、外国人の
仲間たちと寝食を共にした。実はこのときに
大活躍したのが「おもてなし」だった。アル
ゼンチンは世界5位
のワイン大国で、アコン
カグアのあるメンド
ーサ州はワインの主要生
産地。
ベースキャンプには大量のメンドーサ
ワイン
が送り込まれた。ベースキャンプの夜
食は毎日、皆でワインを嗜みながら楽し
む。
(私は、頑として下山するまで飲まなか
った

このとき、いつも自然と皆のワインを注いで
いたら、皆がとても喜んでくれた。
私は英語
があまり上手く喋れない
ので、「言葉」での
コミュニケーションはなかなか
上手くいかな
いのだが、「おもてなし」によってコ
ミュニ
ケーションが生まれ、仲間たちとの距離を縮
めることができ、次第に信頼関係を築くこと
ができたのである

ガイドや仲間と一緒に登るにあたっては、彼
らと上手くコミュニケーショ
ンをとり、信頼
関係を築くことが大切だ
。私のような英語が
上手く
喋れないような人間は「気配り」で勝
負し
ていかなければ、信頼関係を築けない。
どんな性格や価値観なのか全くわからない仲
間たちの雰囲気を肌で感じ、登る順番、道具
の管理
、食事の際の準備、寝る場所、写真撮
影など、チームがより機能するように、常に
周りの仲間の気持ちを考えて振る舞った。振
り返るとその
振る舞いこそが「おもてなし」
だったのではないのかと思う。(これは計算
してやっていた訳ではなく、振り返ってみて
気づいたことであるのだが)

「おもてなし」の本質は「一期一会」だとよ
く言われるが
、(今という時に巡り合った、
出会い
の尊さや縁を大切にしてコミュニケー
ション
をとること)アコンカグアに登った時
にその
意味が少し解ったような気がする。そ
してこれを期に、より日本文化の奥深さを学
んでいき、実践していけたらと思う。